プロフィールprofile

ごあいさつ

私は14年間の消防団活動の後、平成25年より2期8年間、掛川市議会議員を務めさせていただきました。
掛川市議会には、3つの常任委員会がございます。議員活動3、4年目には文教厚生副委員長を拝命し、5、6年目に環境産業委員長、7、8年目に総務委員長を歴任し、各常任委員会に付託された予算、決算の審議や、所管となる掛川市内の諸課題解決に向け、協議を重ねました。
市議会議員として7年目が終わる頃、世界で未知なる感染症の流行が始まりました。防災を所管する総務委員会では、いち早くこれを取り上げ「市民の皆様を守る新型コロナウイルス感染症対策と新たなまちづくり」を年間テーマに、市当局と協議を重ねました。
令和2年度は、まさに新型コロナウイルスとの闘いの1年となりました。

総務委員会協議会では、市の総合計画をコロナ対応に見直し、財政課との協議では、長期化するコロナ禍の影響による市税収入の減収は、令和7年ほどまで続くことが予測されました。令和2年度507億8000万円で始まった掛川市一般会計予算は、医療や福祉、教育現場はじめとした、あらゆる分野での感染症対策や、売り上げ減少企業への応援給付金など経済対策等に歳出が膨らみました。これに対し、議会費はじめ全ての掛川市年間事業費を見直し、財政調整基金を取り崩し、財源確保策を講じましたが、コロナ対策費として14回の補正予算を組んだ、歳入歳出総額は645億4613万円となり、その増額分のほとんどを国、県の支出金、交付金にて乗り切った1年となりました。

「このままではいけない!」市の財政力の限界が見え「掛川市の未来の為には、静岡県や国の力をより効果的に活用できないか!」そう思う日々の中、多くの皆様から「県政に挑戦し、掛川市の活性化に力を発揮してくれないか!」「県事業を掛川市で展開できるよう挑戦してくれないか!」と、「県への挑戦」の後押しのお言葉を頂きました。
私はコロナ禍で世界も故郷も変わるこの時に、政治活動の場を『市』から『県』に移行する覚悟を決めました。
市議会にて「提案型議員」として培ったノウハウを活かし、静岡県を元気にしていきます。より効率良く県内自治体の支援ができる、元気な静岡県を創造していきます。県政の場において「掛川市への想い」は変えず、掛川市を中心とした中東遠地域に県事業を展開できるようチャレンジしていきます。
これまでの「掛川元気化計画」のネクストステージとなる「静岡県元気化計画」にて「掛川市」も「静岡県」もより元気で幸せを感じる都市になるよう、2期8年間の実績を活かし、市と県のパイプ役としての活動にまい進致します。 皆様ご一緒に、新しい静岡県を創っていきましょう。

小沼ひであき

小沼ひであき

プロフィール

  • 誕生日:昭和47年12月21日生まれ 射手座 身長:179cm 体重:75kg
  • 得意なスポーツ:バスケットボール、スノーボード、陸上、サッカー、野球
  • 趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、お祭り見聞、読み聞かせ、庭の花手入れ、サイクリング、ランニング
  • 好きな食べ物:大福、おでん、筍、おしるこ、栗、イチゴ、椎茸
  • 大切なもの:家族と仲間
  • 家族構成:母、妻、4人の息子達のイクメンです(東京理科大学2年生 陸上部、掛川西高3年生 応援団長、藤枝東高校1年生 サッカー部 元掛川JFCJYキャプテン、西中1年生 掛川JFCジュニアユース)(令和3年4月現在)
【経歴】
  • 掛川市立中央小学校卒・掛川市立西中学校卒
  • 静岡県立掛川西高等学校卒
  • 中京大学卒(中学・高等学校教諭免許取得)
  • (株)的場製餡所入社のち(有)小沼製餡所入社
  • 平成25年掛川市議会初当選(2位当選、41歳)
  • 平成27・28年度掛川市議会文教厚生委員会副委員長
  • 平成29年掛川市議会2期目当選(トップ当選、45歳)
  • 平成29・30年度掛川市議会環境産業委員会委員長
  • 令和元・2年度掛川市議会総務委員会委員長
  • 令和2年 不適切行政事務調査特別委員会副委員長
  • 平成29年度~令和2年度 議会運営委員会委員
【所属団体・役職】(令和3年4月現在)
  • 掛川JFC後援会会長
  • 全国災害ボランティア議員
  • 掛川ロータリークラブ会員
  • 掛川市緑化推進委員会副委員長
  • 中央小ブックエンジェル会員
  • 掛川市防災会議委員
  • 掛川観光協会理事
  • まちづくり株式会社理事
  • 大日本報徳社社員
  • 掛川倫理法人会幹事
  • 掛川駅通り名店会理事
  • 掛川法人会青年部理事
  • 松ヶ岡プロジェクト推進委員会参与
  • 掛川花の会会員
  • フラワーエンジェル会員
  • 花ハーモニー会員
  • バイクレスキューネットワーク顧問
  • 将棋によるまちづくり実行委員
  • 世界総合空手道連盟実践護身空手道究成会顧問
  • 掛川市民まちづくり学士会会員
  • 子どもの読書活動を考える会会員
  • 掛川商工会議所青年部OB会会員
  • 元掛川西中学校PTA会長
  • 元掛川中央小学校PTA副会長
  • 元静岡県消防協会小笠支部理事(消防団員歴14年)
  • 元掛川青年会議所(JC)副理事長
  • 元掛川市商工会議所青年部(YEG)相談役
  • 元掛川信用金庫経営者協議会青年部会会長
  • 平成18年駅南地区祭典年番長
  • 元カケガワバンドフェスティバル実行委員長
  • 元友引ストリートカフェ副実行委員長

Q&A

Q1:そもそも政治家になった理由は?
掛川は私の生まれ育った大切なまちです。そのため、市議会議員になる以前は、家業の製餡業を営みながら地域の消防団に14年間所属し、地域の安全を守る活動に力を注いできました。また地元のお祭り青年として、地域の伝統文化の継承に、多くの仲間と楽しい時間を過ごしました。
消防団活動の後半期では、団本部役員に抜擢され、活動に熱を入れていた頃、当時の市議会議長、理事区長会長の皆様に、政治家へのお声掛けを頂きました。子どもの出産もあり、改選期2期8年の間、お断りしておりましたが、4人の子どもを持つ父親として、地域の子どもたちが未来に夢を描けるように、「掛川をもっと元気にして、若者が大勢集まるまちにしたい!」という想いが年々強くなり、市議会議員に挑戦しました。
Q2:どうして県議会議員をめざすことにしたの?
掛川市議会議員活動8年目は、まさに「新型コロナとの闘いの1年間」でした。災害対応の総務委員会の委員長として、新型コロナ対策を年間テーマに取り上げ、様々な対策に取り組みました。
様々な事業見直しを重ねましたが、市の財政力にも限度がございます。内容は「ご挨拶」の項目にもある通りです。掛川市をより良くするために、県に挑戦することを決意し、今がその「天の時」であると覚悟を決めました。
また、静岡県は今「移住したい県日本一」として東京都民の皆様から注目されています。自然豊かな静岡県において、ストレスフリーの暮らしと仕事を提案、発信し、静岡県や掛川市への移住促進策に繋げる役割の一助になればと決心しました。多くの企業や人々が静岡県に転入する際、その受け入れに必要な、多分野のデジタル化の整備を提案し、静岡県が新しい時代の波に乗れるよう、力を発揮したいと思いました。
Q3:静岡県の県議会議員になると掛川市から遠ざかってしまうことにはならないの?
いいえ、そんなことはまったくありません! 私は掛川市民の皆様の代表として、皆様の声を静岡県に届け、皆様の望みをカタチにするために県政へ挑戦します。ですから、むしろ掛川市と静岡県との繋がりをより深める潤滑油のような存在として、掛川市民の皆様にいっそう寄り添っていきたいと考えています。
Q4:市議会議員として成し遂げられたと思うことは?
2期8年間に渡り、「提案型議員」として「まちの活性化」策に様々な取り組みを提案しました。なかでも力を入れたのは「人口増加」をテーマに掲げ、「人口減少社会の課題解決」に取り組みました。働く場を創設し、お子様を預ける場の拡張や、教育環境の充実などにより若い世代である生産労働人口を増やすことで、高齢者の皆様を支える社会構造を構築することに注力してきました。特に、私が議員活動の基盤としてきたエリアにて、南西郷工業団地の造成と工場誘致、市道高御所久保線の開通、南さいごうのぞみ保育園の開園等が成果として現れ、さらには駅南地域が平成30年3月から令和3年1月の間、約300名の人口増加に繋がったことは市議会議員活動の成果として表れていると思います。掛川市全域では平成29年4月2308人だった保育施設定員は、令和3年4月に3011人となり、令和3年4月には国定義待機児童ゼロが実現しました。
Q5:コロナ対策についての考えは?
まずは、医療現場の最前線で闘う皆様に、心から感謝と敬意を申し上げる次第です。
この先、医療崩壊があってはなりません。感染者数予測に合わせた戦略的な医療体制の維持を県の力で情報開示連携策をとっていくことも大切だと思います。
医療の現場は逼迫した状況が続いています。看護師、医師不足は切実な静岡県の課題です。医師の偏在化が解消されますよう県内のみならず国に訴えていきたいと思います。
ワクチンの接種に関しては、日々、状況が変わりますのであくまで現段階(令和3年5月)での見解とさせていただきますが、県内どの自治体でも新型コロナワクチン早期接種についてが、一番の課題です。接種については、国からの情報開示が遅く、県の調整結果も遅く、市への情報提供も遅延し、接種券発送など各市の対応もまちまちとなっています。この先は、県としての「打ち手の確保」「医師会、薬剤師会との連携の調整」「デジタル化の推進による早期ワクチン接種への県としての支援策」「集団接種会場の県施設の提供と協力」等を速やかに要望していきます。
免許を返納してしまったうえに、家族の支援が得られない高齢者がワクチン接種会場に出かけるための手段として、県が積極的に交通弱者への支援に取り組むことを要望し、誰もが公平な支援を受けられるような取り組み、県対応を望んでいきます。
当然、医療と経済の両立を考えなければなりません。県の権限を経済活動にもしっかり配慮する施策を提案していきます。
教育の現場では、コロナ禍であっても、学校行事、部活動等については、感染症対策となるガイドラインを県が示し、学生の心が萎縮しないよう、最善の努力をするよう提案します。
コロナ禍では、あらゆる場面で「距離をとらねばならないけれど、心は近づきたい」といった、人に寄り添う行政サービスが大切だと思っております。コロナ禍で働き方、教育、子育て、福祉、医療、介護等が新しい生活様式にて変化していくなかで、DXの時代の波に乗りながらも、「心」満たされる政策が不可欠だと考えています。
Q6:自己PRをお願いします!
子どもたちや、まだ見ぬ孫たちのために、明るい未来を創造します。
「職業は何ですか?」と問われれば「政治家であり、勇者であります。」と答えます。
掛川市民の皆様のため、静岡県民の皆様のため、皆様の夢をカタチにします!
絶えず挑戦し闘い続ける政治家、勇者であることを皆様に誓います!